2016 富士スピードウェイステージ

2016年 7月 16日(土)・17日(日)

会場:静岡県 富士スピードウェイ

富士スピードウェイステージへのエントリーはこちらをクリック!
受付終了しました。

募集期間
2016年 5月31日(火)10:00
から
6月28日(火)23:59まで
ストライダーエンジョイカップ 2016 富士スピードウェイステージ
開催日 2016年7月16日(土)・17日(日)
時 間 8:40~17:00(予定)
場 所 静岡県 富士スピードウェイ
URL http://www.fsw.tv/
カテゴリー ・2才の部 
・3才の部 
・4才の部 
・5才~6才の部(6才は未就学児のみ)
(年齢はレース当日2016年7月16日、17日時点)
定 員 全カテゴリー1日 合計で400名
募集期間 2016年5月31日(火)~6月28日(火)
※各種目定員になり次第締め切ります。
※全ての種目において当日エントリーはございません。
エントリー料金 【A】3,500円(参加者1名のエントリー費用+大人2名の入場料がセット)
【B】2,500円(参加者1名のエントリー費用+大人1名の入場料がセット)

富士スピードウェイステージは「Enjoy Honda」と併催になります。
入場には入場料が必要です。エントリー費用には、保護者の入場料がセットです。
【A】3,500円(参加者1名のエントリー費用+大人2名の入場料がセット)
【B】2,500円(参加者1名のエントリー費用+大人1名の入場料がセット)
エントリー時にどちらかを選びエントリーしてください。
同伴者が増える場合は、エントリー時にオプションにて追加でご購入ください。
※大人は高校生以上。中学生以下は入場料無料。

【オプション】 同伴者入場券
・3,500円(大人2名の入場料がセット)
・2,500円(大人1名の入場料)
※前売りのみの販売です。 5月31日(火)~6月24日(火)
駐車場について 1,300円
大会当日、入場ゲートにてお支払いください。
※必ず富士スピードウェイ「東ゲート」からご入場ください。
※ゲート入口にて、「参加確認証」送付時に同梱の「Enjoy Hondaチケット」を必ずスタッフにご提示ください。
備 考 ストライダー乗車時ヘルメットは着用必須です。
お持ち忘れの無きようお願いいたします。

※大会実施エリア以外での、ストライダーの乗車は禁止となっておりますのでご注意ください。

富士スピードウェイステージではテントスペースを設けておりません。会場でのテント設営はご遠慮下さい。
また、コース周りでの観戦スペースを確保しておりますが、スペースが限られている為、レジャーシートなどでの場所取りもご遠慮下さい。
ご不便をお掛け致しますがご協力をお願い致します。
協 力 ストライダージャパン

エントリー料金について

ルールについて
レース形式について ・特設コースにおいてトーナメント形式で予選・決勝を行います。
・最大12台による予選・決勝を行います。
・敗者復活戦を行います。
・各クラス1位から3位までの順位を確定し表彰を行います。
※エントリー数によって、レース形式は変更になる可能性があります。予めご了承ください。
車両
レギュレーション
・出場可能な車両はストライダー(ストライダープロ含む)となります。
※ストライダー本体のレンタルはありません。
・ホイール・タイヤはノーマルに限ります(オプションのゴムタイヤ用ノーマルスポークホイールは不可。カラーホイールは可)。
・ホイールはタブワッシャーによって、フロントフォーク及びフレームの正規の位置に直接固定されていなくてはならない。
ブレーキ装置は装着してはならない(ブレーキ動作による後続車両の追突を防ぐため)。
・ドロップハンドルは禁止。
・ハンドルバーには樹脂製もしくはラバー製のグリップが装着されていなくてはならない。ハンドルバーエンドはグリップで覆われているか、バーエンドキャップが装着されていなくてはならない。また、グリップもしくはバーエンドキャップが擦り切れるなどしてハンドルバーエンドが露出していてはいけない。
・保護者によって安全に整備された車両でなくてはならない。
・車両の安全性に問題があると運営委員が判断する場合は、出走をお断りする可能性があります。
ドロップハンドルは禁止です。
服装
レギュレーション

ヘルメット

・コースの内外に関わらず必ずヘルメットを着用しなければならない。ヘルメットは頭部に適したサイズの物を正しく着用し、ストラップは確実に締められていなければならない。

グローブ

手指を保護するグローブ(普通の手袋、軍手、第二関節から指先が空いたタイプのものでも可) を着用しなければならない。

着 衣

長袖のシャツと長ズボンを着用しなければならない。何らかの理由により、長袖のシャツや長ズボンを着用しない場合は、露出した肘や膝を保護するプロテクターを着用しなければならない。長袖のシャツ、および長ズボンを着用している場合でも、肘や膝、および身体を保護するプロテクターの着用を強く推奨します。

シューズ

・サイズが合った運動靴を履かなくてはならない。
サンダルまたは踵(かかと)が露出するような靴及びスパイクの着用は認められない。
スパイクなどコースを荒らす要因となる靴の使用は禁止とする。
・サンダル等の類は使用を許可しない。

検 査

・選手が着用する衣服及び安全装備が適正であるかどうか、常に主催者による検査の対象となります。本規則の特定の規定に違反しているか否かを問わず、主催者により改善を求められた選手は、改善により主催者の許可を得なければ、レースイベント会場内をバイクに乗車して走行する事は出来きません。
ゼッケン ゼッケンプレートを当日受付時に配布します。
前面に1枚装着し明確に識別できるようにしてください。
雨天の場合 雨天決行としますが、荒天の場合は中止となる場合もございます。
表 彰 ●入賞:各クラス1位から3位までの順位を確定し表彰を行います。
●ガールズ賞:各クラス決勝に残った女の子上位3名に表彰を行います。
●エンジョイ賞:勝敗に関係なく、大会中に一番楽しんでいたキッズに「エンジョイ賞」を贈ります。
●がんばったで賞:参加したすべての子どもたちの"一生懸命"に敬意を払い、「がんばったで賞」として表彰状を贈ります。

【お知らせ】
2015年大会より、各クラスの優勝者へ副賞としてお渡ししておりました
チャンピオンヘルメットは廃止とし、各クラス参加者全員を対象とした
エンジョイカップオリジナルヘルメットのプレゼント抽選会を実施します。
規 約 詳しい規約についてはこちら
敗者復活戦について
ストライダーエンジョイカップでは、子どもたちに、より多くのレースに参加してもらえるよう
敗者復活戦を導入しています。
そのため全てのカテゴリー別に予選終了後、随時実施しております。
ルール 予選で勝ち残れなかった子供達をそのまま敗者復活戦に誘導(敗者復活は任意参加です)。
1レース最大12名でスタート。
各レース毎に設定された上位者が準決勝へ。
各クラスの予選終了後に本コースを用いて実施します。
スタートポジションは、出走直前にグリッド番号が書かれたくじを引いてもらい決定します。
  • エントリーはコチラ ENTRY
  • JALさっぽろスノーステージ(北海道)
  • 鴨川シーワールドステージ(千葉)
  • くろひめスノーステージ(長野)
  • 東武鉄道 越生ステージ(埼玉)
  • JAL沖縄ステージ(沖縄)
  • 金沢ステージ(石川)
  • 海遊館ハロウィンステージ(大阪)
  • 新発田 月岡温泉ステージ(新潟)
  • 六甲山ステージ(兵庫)
  • 生駒山上遊園地ステージ(奈良)
  • 那須どうぶつ王国ステージ(栃木)
  • ニセコステージ(北海道)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルスステージ
  • くろひめステージ(長野)
  • 富士スピードウェイ(静岡)
  • 寒河江さくらんぼステージ(山形)
  • としまえん バットマン & スーパーマンステージ(東京)
  • 富士見高原ステージ(長野)
  • ツインリンクもてぎステージ(栃木)
  • 熊本ステージ
  • 柏原市長杯ステージ(大阪)
  • JALさっぽろスノーステージ(北海道)
  • 鴨川シーワールドステージ(千葉)
  • 裏磐梯猫魔スノーステージ(福島)
  • くろひめスノーステージ(長野)
ストライダーエンジョイカップ2017スノーステージ
初めての方へ
服装について
参加の流れ
エンジョイギャラリー2015
JAL沖縄ステージ2014レポート
星野リゾート トマム
晴れときどきストライダーエンジョイカップ公式ブログ
メールマガジン
チャイルドメットくらぶ オージーケーカブト
ストライダーエンジョイカップ2015 過去サイトはこちら
ストライダーエンジョイカップ2014 過去サイトはこちら
ストライダーエンジョイカップ2013 過去サイトはこちら
ストライダージャパンのサイトへ
エブリバディストライダー
子育て応援サイト すとらぼ

▲page top